子供が産まれたとき

トップ > こんなときどうする? > 子供が産まれたとき
どんなものがあるの?
組合員証関係 被扶養者の認定手続きが必要です。
出産費・家族出産費 組合員または組合員の被扶養者が出産したとき、支給されます。
出産手当金 給料が支給されない場合に組合員が出産したとき(退職後の出産など)支給されます。

どのくらいもらえるの?

組合員または組合員の被扶養者が出産したとき、出産費及び家族出産費が支給されます。
法定給付額 420,000円(404,000円+※16,000円) ‥‥(1)
附加給付額 50,000円 ‥‥(2)
給付額の合計 (1)+(2)=470,000円
※平成21年1月1日以降、産科医療補償制度に加入している医療機関等で出産(在胎週数32週以上)した場合に加算される。それ以外での出産の場合、法定給付額は404,000円となる。

関連する事業・制度

育児休業手当金 育児のために休業した場合に給付されます。
育児休業期間中の
掛金免除
産前産後休業を取得したときや、育児休業の承認を受けたとき、共済組合に申し出ることにより共済掛金が免除されます。
償還猶予 育児休業の間、申し出により貸付金償還金を猶予することができます。
出産貸付け 組合員(任意継続組合員を含む)が、出産費または家族出産費の支給対象となる出産に係る支払のための資金を必要とするときに貸付けが受けられます。

互助組合からの給付

出産費・配偶者出産費 組合員または配偶者が出産したときに給付されます。

戻る トップ