死亡したとき
トップ > こんなときどうする? > 死亡したとき

どんなものがあるの?

◆組合員が死亡したとき
組合員の資格を喪失しますので、組合員証を返納してください。
埋葬料が給付されます。水震火災、その他の非常災害により死亡した場合は、あわせて弔慰金も支給されます。
遺族がいる場合には、遺族厚生年金を請求することができます。
◆組合員の被扶養者が死亡したとき
扶養認定の取消の手続きをしてください。
扶養家族が減ったときも併せてご覧ください。
家族埋葬料が給付されます。水震火災、その他の非常災害により死亡した場合は、あわせて家族弔慰金も支給されます。
◆年金受給者が死亡したとき
支部または本部へ連絡してください。遺族がいる場合には、遺族厚生年金を請求することができます。

どのくらいもらえるの?

例)共済太郎さん(組合員本人)が病気により死亡した(公務によらない)場合、埋葬料が支給されます。
 
法定給付額 50,000円 ‥‥(1)
附加給付額 25,000円 ‥‥(2)
給付額の合計 (1)+(2)=75,000円

例)共済史郎さん(組合員本人)が、がけ崩れが原因で死亡した場合、埋葬料に加えて弔慰金が支給されます。
共済史郎さんの給料 312,000円 ‥‥(1)

(教職調整額及び調整額を含む)

法定給付額

(1)312,000円×1.25=390,000円

給付額の合計 390,000円

例)共済次郎さんの被扶養者・花子さんが病気により死亡した場合、家族埋葬料が支給されます。
法定給付額 50,000円 ‥‥(1)
附加給付額 25,000円 ‥‥(2)
給付額の合計 (1)+(2)=75,000円

例)共済勝夫さんの被扶養者・秋子さんが、がけ崩れが原因で死亡した場合、家族埋葬料に加えて家族弔慰金が支給されます。
共済勝夫さんの給料

312,000円

‥‥(1)
(教職調整額及び調整額を含む)
法定給付額

(1)312,000円×1.25×0.7=273,000円

給付額の合計 273,000円

葬祭貸付け 組合員が被扶養者又は被扶養者でない配偶者、子、孫、弟妹、もしくは父母(義父母)の葬祭を行うため資金を必要とするときに貸付けが受けられます。
だんしん だんしん加入者が死亡した場合、対象となる貸付けの未償還元利金を死亡者に代わり保険会社が共済組合に返済します。

互助組合からの給付
埋葬料・家族埋葬料 組合員または配偶者、扶養家族が死亡したときに給付されます。
遺児給付金 組合員が死亡したとき、22歳以下の子がいるときに給付されます。

戻る

トップ