災害にあったとき

トップ > こんなときどうする? > 災害にあったとき
非常災害により、組合員や家族が死亡したときは、弔慰金または家族弔慰金が支給され、非常災害により組合員や家族の住居、家財に損害を生じたときは、災害見舞金が支給されます。
どんなものがあるの?
災害見舞金 組合員(被扶養者を含む)が非常災害により、現に居住している住居、または家財に損害を受けたとき。
弔慰金 組合員が水震火災、その他の非常災害(予測しがたい事故を含む)により死亡したとき。
家族弔慰金 被扶養者が水震火災、その他の非常火災(予測しがたい事故を含む)により死亡したとき。

どのくらいもらえるの?

例1)共済あかねさん(組合員本人)の自宅が火災により全焼した場合
 →災害見舞金が支給されます。
共済あかねさんの給料 312,000円 …(1)
(教職調整額及び調整額を含む)
損害の程度・・・住居及び家財の全部が焼失
法定給付金額 (1)312,000円×1.25×3月=1,170,000円
 
例2)共済史郎さん(組合員本人)が、がけ崩れが原因で死亡した場合
 →埋葬料に加えて弔慰金が支給されます。
共済史郎さんの給料 280,000円 …(1)
(教職調整額及び調整額を含む)
法定給付金額 (1)280,000円×1.25=350,000円 …(2)
弔慰金給付金額 350,000円
例3)共済太郎さんの被扶養者・共済りかさんが、がけ崩れが原因で死亡した場合
 →家族埋葬料に加えて家族弔慰金が支給されます。
共済太郎さんの給料 312,000円 …(1)
(教職調整額及び調整額を含む)
法定給付金額 (1)312,000円×1.25×0.7=273,000円 …(2)
家族弔慰金給付金額 273,000円

関連する事業・制度

組合員証関係 組合員が死亡したときは、組合員異動報告書に組合員証を添付して、資格喪失の手続きをとってください。
また、被扶養者が死亡したときは、扶養認定の取消手続きをしてください。
遺族共済年金 組合員が死亡したときに遺族に支給されます。
住宅災害貸付け 組合員が自己の用に供している住宅又は住宅の敷地が、水震火災その他の非常災害により災害見舞金の給付対象となる程度の災害を受け、住宅の新築等のため資金を必要とするときに貸付けが受けられます。
災害貸付け 組合員又はその被扶養者が水震火災その他の非常災害を受けたため、資金を必要とするときに貸付けが受けられます。

互助組合からの給付

埋葬料・家族埋葬料 組合員または配偶者、扶養家族が死亡したときに給付されます。
遺児給付金 組合員が死亡したとき、22歳以下の子がいるときに給付されます。

戻る トップ