■組合員
トップ > 公立学校共済組合とは? > 組合員


| 組合員の範囲 | 組合員の資格取得及び喪失 |個人番号の報告について|

●組合員の範囲

 公立学校共済組合員の範囲とは、公立学校の職員(共同調理場に常時勤務する県費負担教職員含む。)並びに県教育委員会及びその所管に属する教育機関の職員をいいます。

●組合員の資格取得及び喪失

職員となった者は、その職員となった日から組合員の資格を取得します。
職員が退職又は死亡したときは、その翌日から組合員の資格を喪失します。
公立学校共済組合の組合員が、他の共済組合の組織する職員になった時は、その日から、組合員の資格を喪失します。
再任用制度のフルタイム勤務者は、そのまま共済組合員としての資格があります。フルタイム勤務終了後に資格を喪失します。
事務手続きは組合員の資格取得・喪失により必要書類を添えて申請してください。

新規採用者

 資格取得届書に、提出書類一覧表にある書類を添えて申請してください。

 なお、被扶養者の要件を備える者(配偶者、子等)がある場合は、被扶養者申告書に関係書類を添付し、資格取得届書とともに提出してください。

 ただし、他支部からの異動者及び他共済からの転入者で、すでに被扶養者に認定された者がある場合は、引き続き被扶養者の要件を備える者であれば、被扶養者申告書に旧組合員証の写しを添付することにより、他の被扶養者関係書類は省略できます。 

再任用者
(フルタイム勤務者)
そのまま、組合員証(組合員被扶養者証を含む)は使用できます。フルタイム勤務終了後、組合員証(組合員被扶養者証を含む)を添付して報告してください。
退職者   組合員異動報告書に組合員証(組合員被扶養者証を含む)を添付して報告してください。

●個人番号の報告について
 組合員の資格を取得した場合、「個人番号記入様式」の提出が必要です。
 提出の際は、所属所において個人番号通知カード等により番号確認を行ってください。
 「個人番号記入様式」を送付する際は、簡易書留により送付し、所属所に控えは残さないでください。

【提出書類一覧表】
提出書類一覧表
提出書類一覧表

戻る
戻る

様式集のダウンロード
様式集のダウンロード

TOP
TOP