■高額療養費
トップ > 共済組合の事業 > 短期給付 > 高額療養費

 医療費の窓口負担が自己負担限度額を超えたときは、超えた分が高額療養費として支給されます。 (組合員証を使用した場合は、自動給付となります。)

3歳以上70歳未満の場合について御説明します。(70歳以上については、70歳以上の医療制度へ)

〈表1〉自己負担限度額
標準報酬の月額 適用区分 自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
53万円以上83万円未満 167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
28万円以上53万円未満 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
28万円未満 57,600円
※総医療費とは、保険適用される診療費用の総額(10割)です。

(1) 1人が1つの医療機関に1ヵ月に一部負担金を〈表1〉の金額以上支払った場合

[例(適用区分「ウ」の場合)]

適用区分「ウ」の場合の算定例の表

 (2)

過去12ヵ月の間に高額療養費が3回以上給付されている場合で4回目以後〈表2〉の金額以上支払った場合

〈表2〉自己負担限度額額(4回目以後)

標準報酬の月額 適用区分 多数回該当のとき
(過去1年間の間の4回目の高額療養費支給から)
83万円以上 140,100円
53万円以上83万円未満 93,000円
28万円以上53万円未満 44,400円
28万円未満 44,400円

(3) 1つの世帯で1ヵ月に21,000円以上の支払いが2つ以上あり、合計で〈表1〉の金額以上支払った場合

上記(1)(2)(3)の場合、住民税非課税世帯の場合は限度額はそれぞれ低くなります。


(4) 特定疾病療養受療者の場合、自己負担金は、10,000円又は20,000円(適用区分「ア」、「イ」の者)

提出書類 自動給付につき不要

 算定の区分 適用区分 算定式
支給額 (1)の場合 窓口負担−(252,600円+(総医療費−842,000円)×1%)
窓口負担−(167,400円+(総医療費−558,000円)×1%)
窓口負担−(80,100円+(総医療費−267,000円)×1%)
57,600円
(2)の場合 窓口負担−140,100円
窓口負担−93,000円
ウ、エ 窓口負担−44,400円
(3)の場合 (窓口負担+窓口負担)−(252,600円+(総医療費−842,000円)×1%)
(窓口負担+窓口負担)−(167,400円+(総医療費−558,000円)×1%)
(窓口負担+窓口負担)−(80,100円+(総医療費−267,000円)×1%)
(窓口負担+窓口負担)−57,600円
(4)の場合 ア、イ 窓口負担−20,000円(現物給付)
ウ、エ 窓口負担−10,000円(現物給付)
窓口負担・・・療養に要した費用の30%(未就学児童は20%、70歳以上は70歳以上の医療制度へ)
支給スケジュール

共済組合の事業一覧
共済組合の事業一覧

様式集のダウンロード
様式集のダウンロード

TOP
TOP