■家族療養費附加金
トップ > 共済組合の事業 > 短期給付 > 家族療養費附加金
被扶養者が医療機関で受診する場合、医療費の30%(未就学児童は20%、70歳以上は70歳以上の医療制度へ)を病院に支払わなければなりません。
その支払った金額について基準額(25,000円)を超えた金額を支給します。
取扱いは、一部負担金払戻金に準じます。
支給スケジュール

共済組合の事業一覧
共済組合の事業一覧

様式集のダウンロード
様式集のダウンロード

TOP
TOP