■保険外併用療養費
トップ > 共済組合の事業 > 短期給付 > 保険外併用療養費

 下記などによる診療を受けたときは、その診療のうち基礎的診療部分(通常の療養の給付と変わらない範囲の医療)については保険適用となり、保険外併用療養費として支給されます。
(組合員証使用の場合は、自動給付となります。)
  1. 評価療養
    高度な医療技術を用いた療養で厚生労働大臣が定めるもの。
  2. 選定療養 
    被保険者の選定に係る特別の病室の提供その他、厚生労働大臣が定めるもの。

 [評価療養又は選定療養以外との混合診療]

高度先進医療の承認がない医療機関の例

 [評価療養又は選定療養との混合診療]
高度先進医療の承認がある医療機関の例

共済組合の事業
共済組合の事業一覧

TOP
TOP