■利用方法
トップ > 共済組合の事業 > 厚生事業 > 利用方法

受診対象者への通知 4月下旬に所属所を通じて人間ドック等の実施通知と受診申込書(各ドックの対象者は年齢により指定)を送付します。受診対象年齢の組合員が受診を希望する場合は、希望検診機関・希望受診月を考慮し全員受診決定を原則とし、所属所宛に決定通知書および受診票を送付します。なお、受診対象年齢以外の組合員は受診できません。
受診案内等の送付 受診案内は検診機関から直接送付されます。
受診日が近づいても送付がない場合は、検診機関に直接お問い合わせください。
受診当日 受診票、組合員証、その他検診機関の指定するものを持参してください。
自己負担金は、所定の金額を検診機関の窓口でお支払いください。
受診日程の変更・中止 検診機関に直接連絡し、日程等の調整および中止の連絡をしてください。検診機関に連絡後、変更内容を「受診票」に記入してください。
なお、検診機関およびドック種別の変更はできません。
その他 受診者は、職務専念義務が免除されるので、所定の手続きを経ること。
支部担当窓口 〒850−8570
長崎市江戸町2−13
長崎県教育庁福利厚生室内
公立学校共済組合長崎支部
(総務・厚生班)
TEL095−826−3296
FAX095−823−3997

厚生事業一覧
厚生事業一覧

共済組合の事業一覧
共済組合の事業一覧

TOP
TOP