■専用の振込用紙による払込み
トップ > 専用の振込用紙による払込み

給与から控除できなかった掛金などを、組合員が支部へ払い込む場合は、支部専用の振込用紙を使用して、最寄りの十八銀行又は親和銀行から払い込んでいただくことになります。
また、一定の事由に該当する場合は、預金口座振替が利用できます。

組合員が支部に掛金等を払い込む場合の例
  • 無給休職等により給与から控除ができなかった掛金の払込み
    (育児休業による掛金免除期間を除く)
  • 育児休業等により給与から控除ができなかった貸付金償還金の払込み
    (償還を猶予した場合を除く)
  • 貸付金の全額繰上償還及び一部繰上償還の払込み
  • 任意継続掛金の払込み

■振込手数料について
専用の振込用紙を使用して払い込んでいただく際には、下記のとおり銀行所定の振込手数料がかかります。
専用の振込用紙による振込手数料(1件につき)
3万円未満 324円
3万円以上 540円
※十八銀行又は親和銀行の各県庁支店から振り込むと、同一店内の取扱いとなり、手数料は3万円未満は216円、3万円以上は432円となります。


TOP