■長崎県教育庁福利厚生室の事業
トップ > 長崎県教育庁福利厚生室の事業

 長崎県教育庁福利厚生室の事業について、参考として事業一覧を載せております。


■定期健康診断

学校保健安全法・労働安全衛生法に基づき、教職員の定期健康診断を実施しています。
■健(検)診事業 生活習慣病の早期発見、疾病予防のため、以下のような健(検)診を実施しています。(事業は共済組合に委託)
■健康情報の発信 教職員向けに健康情報を内容とする「教職員の健康相談室」のホームページを発信しています。
■教職員メンタルヘルス相談 メンタルヘルスに関して、インターネットでの相談や、専門医による面談又は電話による相談を実施しています。
■生涯生活設計推進事業 現職中から退職後までを視野に入れた、生涯生活設計づくりを支援するため、講習会を実施するとともに、ガイドブックを配布します。

■公務災害・通勤災害 公務が原因となって発生する災害(公務災害)や、通勤途中において発生した災害(通勤災害)を補償する制度です。

■財形貯蓄 教職員等が、「勤労者財産形成貯蓄契約」、「勤労者財産形成年金貯蓄契約」及び「勤労者財産形成住宅貯蓄契約」を指定金融機関と締結した場合、県が貯蓄額を給与から控除して金融機関に預け入れをしています。

■児童手当 次代の社会をになう子どもの健やかな育ちを支援することを目的に、支給要件を満たす者に対して支給する手当です。

TOP
TOP